サラリーマンも安定なしの時代 自己啓発すべし

自己啓発書籍のすすめ

自己啓発書籍のすすめ

自己啓発の書籍というのは、結構読む人と全く読まない人がはっきりと別れる種類の書籍ですよね。

 

読む人というのは、今現在自分自身の中にいろいろと不安があり、このままではダメだ…!と考えている人、そして、自分自身の知識が増えることや、向上をする事が人生の喜びになっている人…という感じでしょうか。

 

読まない人というのは、そもそもただ面倒くさいと思っているか、そんな自己啓発など宗教じみた考え方に頼ってみたところで、それを信じて実行していける訳がない…というような否定的な考えの方が多いでしょうか。

 

確かに、自己啓発書籍の中毒のような感じになっている方は、もはやそれを読んで自分の人生を改善しようというよりも、そこから会える知識や高揚感で、一時的に安心をしたい…という心理が強いと思いますので、確かにこの状態にはまっている時には、それで人生が改善しているとは言えないかもしれません。

 

しかし、そういった迷いの中からでも、何とか今の状態から抜け出したい…という気持ちがある限りは、自己啓発書籍から得られる学びというのは、何らかのヒントになる事は間違いがないと思います。

 

逆に、自己啓発書籍を全く持って否定してしまっている人というのは、そもそも、何かの書籍を読んでも自分自身が変わるはずがない…というように決めつけているという事になりますので、何かを学んで自分を変えよう!という意識がそもそもない事になります。

 

ですのでこういったタイプは、ビジネス書籍や自己啓発書籍を否定しているというよりも、頑張ることで人生が変えられる!ということそのものを否定している訳ですので、この考え方を持ち続けている限りは、人生には不満しかない事になります。

 

ビジネス書籍や自己啓発書籍を読め!という事を手放しにおすすめするわけではありませんが、これまで全くそういったところに興味がなかった方は、自分が読みやすそうなものから、何冊か手に取ってみると良いかと思います。

 

結局のところ書籍というのは、どんなものであっても、それを読んで自分自身と会話する事がその価値ですので、そこから得られる知識を、ただの情報とした頭の中に入れておく程度では、単なる営業マンの世間話のような知識にしかならないです。それはもはや知識というよりも、ただのネタですね。スポーツ紙のようなものかもしれません(笑)

 

少し話がそれましたが、今現在の自分自身の人生に納得が出来ておらず、もっと精力的にポジティブな毎日を送りたい!と考えるのなら、古典となっている自己啓発の書籍を購入し、その1冊と深く対話してみる事をおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ