サラリーマンも安定なしの時代 自己啓発すべし

ストレス対策

ストレス対策

日本人には考え過ぎるA型…と言われるタイプの人が非常に多いと思います。私も完全にそのタイプですので、何か心配事があるとそれが心配になってしまい、何度も何度も心でそれを繰り返して、取り越し苦労のような作業で心を痛めることが多かったです。

 

ですがこれは、完全に自らの人生の消耗であって、自分自身がこのように心を痛めて消耗してしまっているという事は、周りのいる人間にも影響する事ですから、これは重大な問題として考えなければいけないものだと考えるようになりました。

 

心配事に対して心配して心が備えていても、実際にそれがやってきた時にそれが緩和されるわけでもありませんし、思い悩んでいても、実際に問題が発生した時には、その問題合わせてまた考える必要がありますから、ムダに思い悩むことで精神力を失ってしまっている事は、逆にその問題が発生した時に解決する力が出てこない原因になります。

 

言葉でこのように言ってしまえば簡単な事なのですけども、なかなかこのように考える事は出来ません。そういった問題があっても、気にならない胆力を身につけるべし!という事を言われても、そもそもどうすればそういうことができるかがわからないですよね。

 

こういうときの私なりの方法は、とにかく意識の中に浮かん出来たら、それに取り合わず、他の明るいポジティブな事を考える事です。ネガティブな思考が心の中に浮かんでくる状態というのは、完全に自分の精神と身体を弱らせる原因となる事で、それによって、状況が改善することには全くなりません。

 

あとは当然の事でありますが、そういった諸問題で心が満たされるような事があれば、あまり多くのものを心の中にため込まないようにする事です。思い悩んでいる問題がいくつもあればあるほど、それらが掛け算になって、本来であればストレスには値しないような内容まで、大きなストレスとして感じてしまう事になります。

 

ですので、自分自身のメンタルを強くしたい、日々燃えるような熱意を持って仕事に取り組みたい…と考えているようであれば、このように、心の中に浮かんでくる心配事や取り越し苦労を「考えないようにするトレーニング」を積み、実際にそのような状態が板に付くことは、そんじゃそこらの自己啓発の書籍を暗記する事よりも、よほど重要な事です。

 

今現在つらい環境にあり、この現状を何とかしたいと感じている方は、まずここから改善していく事をおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ