サラリーマンも安定なしの時代 自己啓発すべし

アルコールとの付き合い方

アルコールとの付き合い方

お酒が好きで毎日習慣になっている方にとってみると、もはやそれをやめることはかなり難しいことになっていると思います。私自身も酒が好きで、毎日のように晩酌はしていますが、今は昔に比べると、随分とお酒との付き合い方も上手になっていると思います。

 

まずお酒のデメリットから話をすると、お酒を飲むという事は、単純にアルコールで酔いが回ってきますから、頭の回転が確実に落ちてきます。そして、自制心も平常時より確実に下りますから、何か自分の中でこれはしてはいけない…と律している事も、気持ちが大きくなってやってしまうことが多いです。

 

あとは、アルコールを飲むことによって睡眠の質が確実に下がりますし、ビールなどの水分量の多いお酒が好きな方だと、夜中にトイレに起きるという事も多いでしょう。これだけでも、体と精神力を回復させることの、大きなデメリットになっています。

 

私自身も、昔は全くお酒を飲まない生活をしていたので、お酒を飲んでいる時と、飲まない時が、朝の目覚めから全く違う…という事を、自らの体験で良く知っています。

 

毎日ある程度、仕事や、将来のための勉強や努力をする習慣がルーティン化されているようであれば、夜の晩酌に少しお酒を飲むぐらいの習慣は作っても良いかと思いますが、今現在、努力する目標を持たずに、仕事から疲れて帰ってきて、ただお酒を飲んで眠っている…という生活習慣になっている方は、まずお酒を減らすことを考える必要があります。

 

頭脳労働をしている方にとってみると、毎日の精神状態や、頭の疲れなどは、日々の仕事のクオリティにダイレクトに関わってくる部分だと思います。疲れた頭で難しい仕事をしていると、それを遂行する事は困難というだけではなくて、ストレスが貯まる事になりますので、本当に良くありません。

 

最近ストレスが多いと感じていると、それをごまかすためにお酒が欲しくなる心理があると思いますが、実は心理学ではアルコールというのは最大の敵とされていて、アルコールを飲んでいる限り、精神病は治らない…とも言われています。

 

ですので、今現在アルコールでストレスを解消する事が習慣になっている方は、たったの1週間からでもいい!と決意を決めて、お酒をやめて、1時30分程度のランニングと、早寝早起きをする生活をしてみてください。

 

これだけで、日々の仕事中の体調が全く違うという事が実感できると思います。

 

今現在習慣になってしまっていてなかなか抜けないという人は、金土日の3日間だけにするなど、量を減らすことから取り組んでください。毎日気分の赴くままに、飲みたいだけ飲んでいる人生は、絶対に発展していきません。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ