サラリーマンも安定なしの時代 自己啓発すべし

タスク処理は一点集中で行うこと

タスク処理は一点集中で行うこと

日々忙しい中で、たくさんのやらなければいけない事、やっておいた方が良い事、これからやりたいと思っている事…などを、スケジュールとして管理していく中で、それらをこなすことにストレスを溜めないための考え方をお伝えします。

 

これは私自身が、過去にいろいろな方法を試してきて、一番しっくりきていると思っているものなので、同じように、なかなか自分の中でぴったりと合う方法がない…と考えている方は、一度試していただければと思います。

 

日々たくさんのタスクを抱えて仕事をされている方は多いと思います。これらのタスクの中から優先順位の高いものを処理していくという流れで仕事をされる事が多いと思いますが、ここでたくさんのタスク認識が分散していく事が問題になってきます。

 

結局のところ仕事は決めた事に精神力と集中力をつぎ込んでこなしていく事になるので、今現在仕事をしている中でも、その深層心理に抱えている不満や迷いなどが多い状態では、効率がよくありません。

 

たくさんのタスクがある場合、それらの中から、優先して今日取り組まなければいけない!というものを決めて、他の事はその日の頭の中から一切消してしまい、今日やるTodoリストからも削除するということです。

 

結局のところ、それを見たからといって、その日に実行できるわけではないのに、1日の間に何度でも、そういったやらなければいけないタスクを眺めてため息をついたり…という事を繰り返すのは、単なる精神力の消耗でしかありません。

 

あまりにもタスクが積み上がってしまっている状態というのは、結局のところ、仕事が入ってきた段階では、時間が足りなかった事もそうだとは思いますが、精神力が足りなかったという事も多いと思います。

 

気持ちを決めて取り組むとすれば、片付けられたものを、後回しにする事によって何度も、それを見ることのストレスを頭の中でリサイクルさせてしまう…これは本当に馬鹿らしいことですよね。ですけど、気をつけないと、こんな感じになってしまいます。

 

ですので、日々たくさんのタスクを持って仕事をしている方は、

 

今日はこれをやると決めたら、それに徹底的に集中して、その代わり明日に引き伸ばすような事は絶対にしない事。そして、その日に入ってから新たなタスクについては、メモを残すして、自分の心の中と目の届くところからは一時的に消す!

 

という事が大切です。

 

こういった考えでタスクを処理する事で、これまでの働き方が劇的に変わる可能性もありますので、皆さんもぜひ一度試してみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ