サラリーマンも安定なしの時代 自己啓発すべし

体を鍛える事の必要性

体を鍛える事の必要性

サラリーマンを当たり前の事でありますが、毎日会社に遅れずに出社し、そこで精力的に仕事をする必要があります。多少他の人よりも能力が上回っていたとしても、体調不良で休みがちな人間というのは、必ず社内の中での人間関係も険悪になってきますから、体調管理というものはシビアに考えるべきです。

 

最近では不景気でサラリーマンお金がない時代と言われながらも、肥満やメタボリック症候群になっている人は増えてきており、他の娯楽に比べればお金がかからない、食べる・飲む…というところでストレスをまぎらわしくとしている方が多いと思います。

 

体を鍛える事の必要性

 

ですが、こういった生活を続けていると、必ず健康診断などで、ひやっとするような結果が出て、生活の改善を余儀なくされるような時が必ずやってきます。そうなってしまうと、そこからのいろいろな制限はかなりストレスになりますから、そういったことにならないように、日々自らの健康管理については気を配っていく必要があります。

 

特に仕事の中に肉体労働が全く無い人だと、どうしても運動不足になってしまいます。しかし、ドイツやアメリカの研究結果などでも、体を動かしている方が脳も活性化されて情緒も安定する…という事が報告されています。

 

運動する事によって、頭の回転が速くなったり、ストレスが解消されたり…という事は、毎日がデスクワークばかりになっている方にとってみると、ちょっと信じがたい話かもしれませんが、こうした結果が出ている以上は、やはり自分の人生の向上を考えた時には、これらも無視出来ない事だと思います。

 

また、頭ばかりが疲れていて、体が全く疲れていない状態だと、バランスがおかしくなり、夜もぐっすり眠れなくなるもいいます。ですので、自分はデスクワークだから肉体的な持久力などはほとんど関係がない…と思っている方も、健康と仕事の能率アップの両方の意味で、定期的な運動していく事をおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ